福祉事業

公益財団法人日本教育公務員弘済会

福祉事業「申請書・その他ダウンロード」についてのご注意

HPページ上部の「申請書・その他ダウンロード」より要項・申請書等をダウンロードしてお使いいただけますが、各自のパソコン環境により正常にダウンロードできない場合がございます。

 

福祉事業の要項・申請書等は平成 29 年 4 月初旬に各学校・教育関係団体へ赤い封筒に入れて「平成 29 年度(公財)日教弘山口支部事業案内」をお送りしておりますので、そちらよりコピーしてお使いください。

 

奨学金・教育研究・教育文化事業の申請書は赤い封筒には同封されておりません。

HP内の「お問い合わせ」をご利用いただくか山口支部まで電話(☎0834-21-8083)でご連絡ください。

 

ご希望の申請書等をメールもしくは郵送にてお送りいたします。

メール・郵送には日数がかかる場合がございますのでご了承ください。

人間ドック検診補助

教弘保険加入者【以下「会員」とする】を対象に半日人間ドック検診の補助を行います。

詳細

検診所は

 

岩国中央病院 ・ 徳山中央病院 ・ 綜合病院山口赤十字病院

医療法人社団宇部興産中央病院 ・ 下関医療センター(旧下関厚生病院) ・ 萩市民病院 

 

の6箇所です。

対象者および募集人員 教弘保険加入者(会員)で、月額会費(教弘保険料)5,000円以上払込の方です。
申請先着140名(初回受診者を優先します)

*既受診者で、27年度と28年度を連続で受診した方(3年連続となる)は不可。

*月額会費(教弘保険料)5,000円未満の方でも、その他の会費と合わせて5,000円以上の方は、初回受診の場合に限り認めます。(2回目以降は不可)

*65歳以上の方で月額会費(教弘保険料)5,000円未満の方については、申請を受け付けますが、10月末で枠に余裕がある場合に限り申請順で認めます。
検診料 通常検診料3万円前後(病院によって若干異なります)のところ自己負担は1万円円で検診できます。

1万円の自己負担金は検診当日、検診所でお支払いいただきます。

なお、オプション検診がある場合、オプションの検診料についても自己負担となります。
申請方法及び期限 「半日人間ドック検診補助申請書」を山口支部へお送りください。
メール・FAXでは受付けておりません。
年度内随時受付していますが、例年夏期頃までには定員に達しております。

要項・申請書・検診項目一覧は各学校・教育団体へ送っております「平成29年度事業案内」よりコピーしていただくか、山口支部HP「申請書・その他ダウンロード」よりダウンロードしてください。
検診日 毎週月曜日から金曜日に実施します。(年末年始祝のぞく)

*平成29年4月より申請は受け付けます。
検診日の決定の通知 山口支部で申請受理・承認後、ご希望の検診所から申請者あて、検診日等の諸通知が届きます。

但し、岩国中央病院については当会承認後、本人より病院へ連絡となります。

*検診日当日の受付、検診開始時間等は、各検診所からの案内をご参照ください。
その他 山口支部で申請受理後、審査の上、承認もしくは不承認通知書をお送りいたします。

申請後の取消と検診所の変更の場合は、至急山口支部へご連絡ください。

各検診所へ山口支部を経由せず、直接申し込まれたものは対象外となります。

詳細につきましては要項にて確認してください。

文化活動参加助成

詳細

教弘保険加入者【以下「会員」とする】を対象に文化活動を助成します。

平成29年度は下記のとおりです。

【お知らせ】

『平成29年度事業案内(赤い封筒)』の中に申請期間を加筆した差替え文書を同封しておりますのでご確認ください。

HP内およびダウンロードのものは加筆済です。

対象 ◇65歳未満の会員
 ① 「新教弘保険」基本形(現在販売なし)6口以上の加入者
 ② 「新教弘保険」A型・B型、ユース教弘10口以上の加入者

◇65歳以上の会員
 ① 新教弘保険K型加入者(原則3口以上)
 ② 新教弘終身保険・新教弘介護保障付終身保険加入者
   (80歳まで)

※会員資格がご不明な場合は山口支部までお問い合わせください。
助成対象となる文化活動 年度内2回助成します。

県内開催(2回の助成のうち1回は県外開催も可)の音楽会・演劇・講演会・公開講座等鑑賞や聴講のための参加費用(インターネット等で購入時発生する各種手数料は除く)を助成します。
助成金申請方法 観劇、コンサートは開催日以降に入場の際の半券(招待券等は除く)または領収書を、講座等の場合はその領収書を「文化活動参加助成申請書」に添付して山口支部まで提出してください。

特に早急な送金を希望される場合や申請期限間際の申請につきましては山口支部での迅速な手続きを必要としますので、申請書を直接山口支部まで郵送してください。

要項と「文化活動参加助成申請書」は各学校・教育関係団体へ送っております平成29年度事業案内よりコピーしていただくか、山口支部HP「申請書・その他ダウンロード」よりダウンロードできます。

●申請書提出先
〒745-0041 周南市戎町2-3 
(公財)日本教育公務員弘済会 山口支部
注意事項 ①チケットの半券(入場料記載)・領収書は原本をご提出ください。

②平成29年度内申請期限は平成30年2月28日(水)までです。

※開催日から申請日までが1年以内のものに限ります。

※平成28年4月以降の文化活動を平成29年度に申請可(上記期間内のものに限ります)

※平成30年3月開催の文化活動を平成29年度分助成として申請されたい場合は平成30年3月27日(火)までに山口支部(☎0834-21-8083)まで連絡してください。
 
連絡をされずに申請書を提出された場合は平成29年度分として助成できない場合がございます。     

③半券の返却は行いません。

④1回の文化活動に対して、家族、知人等を含む2枚の申請はできません。

※1回目と2回目では異なる文化活動への参加助成を申請のこと。
   (2日券等は1回分としてカウントします。)

⑤半券等に記載されているチケット購入者(入手者)名が本助成申請者と異なる場合は、申請書右下記入欄に相違理由と自署(手書きのみ有効)が必要です。

⑥半券に入場料が記載されていない場合には、必ずパンフレット等の入場料が確認できるもの、購入金額が明記されている領収書または証明書等(Web購入は、そのお取引について購入者及び金額が明記されたものを印刷。
 
申請者以外が購入の場合(⑤参照のこと)を併せて貼付してください。
 
※リストバンドを含む許可証等ならびに、所属長の奥書証明付き半券・領収書のコピー貼付での申請は不可。

⑦指定の送金先に該当がなかった場合は、申請書の返却、又は正しい送金先を確認後に送金手数料を差し引いた減額送金となることがあります。

◆助成対象となる文化活動の分野について、ご不明な点は山口支部(☎0834-21-8083)までお問い合わせください。
詳細につきましては要項にて確認してください。

宿泊補助

詳細

教弘保険加入者【以下「会員」とする】が日教弘指定宿泊施設に宿泊する時に宿泊施設利用券を発行します。

平成29年度は下記のとおりです。

【お知らせ】

今年度より申請期限が3営業日前(山口支部は土日祝日及び年末年始は休業)となりました。

発行可能会員資格 ◇65歳未満の会員
 ① 「新教弘保険」基本形(現在販売なし)6口以上の加入者
 ② 「新教弘保険」A型・B型、ユース教弘10口以上の加入者

◇65歳以上の会員
 ① 新教弘保険K型加入者(原則3口以上)
 ② 新教弘終身保険・新教弘介護保障付終身保険加入者
  (80歳まで)

※会員資格がご不明な場合は山口支部までお問い合わせください
助成額 1泊 2,000円
発行限度 12泊 (宿泊期間:平成29年4月1日~平成30年3月31日)
その他発行 同伴宿泊家族(会員1名につき1名)1泊 1,000円

※この助成においての「家族」とは同居している親族とします。
指定宿泊施設参照 ◇平成29年7月発行「(公財)日教弘 山口支部のしおり」

◇平成29年度教弘手帳末尾「日教弘指定宿泊施設のご案内」

◇(公財)日本教育公務員弘済会HP 
 http://www.nikkyoko.or.jp>HOME > 日教弘会員の皆様 > 日教弘指定宿泊施設リスト
備考 会員並びに同伴家族1名において1旅行3連泊まで発行とする。

子女の受験の際は単独宿泊でも発行可能(1旅行3連泊まで)

教弘グループ保険加入のみの会員へは発行不可です。
宿泊施設利用券 申請方法 ①~④の順で申請してください。

① 日教弘指定宿泊施設を予約 

② 会員本人が電話【宿泊日の3営業日前までに】にて山口支部(☎0834-21-8083)へ申請  
  ※山口支部は土日祝日・年末年始は休業です。

③ 宿泊施設利用券郵送(職場もしくは自宅)

④ 宿泊施設精算時にフロントへ提示
注意事項 ◆申請は電話のみ受付(FAX・メール等での申請不可)

◆パックツアー・インターネット系列旅行代理店等からの予約の場合、当会の宿泊利用券使用不可としている宿泊施設があります。(事前に直接宿泊施設へ確認してください。)

◆宿泊予約をキャンセルした場合は速やかに山口支部まで連絡してください。
 (連絡なき場合は利用泊数にカウントされます)

見舞金給付

詳細

教弘保険加入者【以下「会員」とする】を対象に傷病により療養をしたとき、又は風・水・火災等の災害を受けたときに見舞金を給付します。

平成29年度は下記のとおりです。

傷病基準 傷病により 30日以上連続して、入院又は自宅療養をしたとき。
ただし、同一傷病による見舞金給付は、前回の見舞金給付申請権が生じた日から1か年を経過したものに限る。

※診断書等は必要ありません。
災害基準 (1)住居又は家財の全部が焼失もしくは滅失するか、あるいは同程度の損害をうけたとき

(2)住居又は家財の1/2以上が焼失もしくは滅失するか、あるいは同程度の損害をうけたとき

(3)住居が床上浸水の損害をうけたとき

いずれも公的機関発行の罹災証明書を提出していただきます。
見舞金給付基準 会費(保険料)月額に払込年数(端数切り上げ)を乗じて得た金額又はその和を基準金額として、次の表によって給付する。
ただし、事故があってから1か年以内のものに限る。

※給付金額等の詳細は要項へ記載しておりますのでご参照ください。
申請方法 「見舞金給付申請書」と必要書類を添付して

〒745-0041 周南市戎町5-5  
 (公財)日本教育公務員弘済会 山口支部

まで提出してください。

メール・FAXでは受付けておりません。

要項と「見舞金給付申請書」は各学校・教育関係団体へ送っております平成29年度事業案内よりコピーしていただくか、山口支部HP「申請書・その他ダウンロード」よりダウンロードできます。

結婚祝金

詳細

教弘保険加入者【以下「会員」とする】が結婚したとき祝金を給付します。

 

給付金額 会員1名につき1万5千円を給付します。
申請方法 「結婚祝金給付申請書」を山口支部まで提出してください。

申請期限は対象となった日から1年以内です。

「結婚祝金給付申請書」は各学校・教育関係団体へ送っております平成29年度事業案内よりコピーしていただくか、山口支部HP「申請書・その他ダウンロード」よりダウンロードできます。

出産祝金

詳細

教弘保険加入者【以下「会員」とする】本人及びその配偶者が出産したときに祝金を給付します。

給付金額 会員1名ごと一子につき1万円を給付します。
(両親共に会員の場合はそれぞれ申請できます。)
申請方法 「出産祝金給付申請書」を山口支部まで提出してください。

申請期限は対象となった日から1年以内です。

「出産祝金給付申請書」は各学校・教育関係団体へ送っております平成29年度事業案内よりコピーしていただくか、山口支部HP「申請書・その他ダウンロード」よりダウンロードできます。

入学祝

詳細

教弘保険加入者【以下「会員」とする】の子供が小学校入学したときに祝品を給付します。

給付品 会員1名ごと一子につき3千円の図書カードを給付します。
(両親共に会員の場合はそれぞれ申請できます。)
申請方法 「入学祝品給付申請書」を山口支部まで提出してください。

申請期限は対象となった日から1年以内です。
対象日を過ぎてからの申請となります。

「入学祝品給付申請書」は各学校・教育関係団体へ送っております平成29年度事業案内よりコピーしていただくか、山口支部HP「申請書・その他ダウンロード」よりダウンロードできます。

義務教育終了祝

詳細

教弘保険加入者【以下「会員」とする】の子供が中学校卒業したときに祝品を給付します。

給付品 会員1名ごと一子につき5千円の図書カードを給付します。
(両親共に会員の場合はそれぞれ申請できます。)
申請方法 「卒業祝品給付申請書」を山口支部まで提出してください。

申請期限は対象となった日から1年以内です。
対象日が過ぎてからの申請となります。
なお、3月に卒業された場合は次年度の4月以降に申請をしてください。

「卒業祝品給付申請書」は各学校・教育関係団体へ送っております平成29年度事業案内よりコピーしていただくか、山口支部HP「申請書・その他ダウンロード」よりダウンロードできます。

教弘手帳贈呈

教弘手帳(平成30年度)は希望される教弘保険加入者の方のみに贈呈いたします。

 

希望される方は平成29年5月26日(金)までに電話・メール・FAX・ハガキで山口支部へご連絡ください。

担当のジブラルタ生命㈱LCを通じてご連絡していただいてもかまいません。

 

「教弘手帳(平成30年度版)申込書」を山口支部HP「申請書・その他ダウンロード」よりダウンロードできます。

 

【送付先】

〒745-0041 周南市戎町2-3 (公財)日本教育公務員弘済会 山口支部 

☎   0834-21-8083                      FAX  0834-32-1684

 

メールは山口支部HP「お問い合わせ」より送信してください。

 

締切を過ぎてからのお申込はご希望に沿えない場合もございますのでご了承ください。

初盆供物

教弘保険加入者ご本人が亡くなられたときに初盆供物を贈呈させていただきます。

友の会助成

友の会会報の発行や研修旅行への参加の助成を行っています。

 

詳細につきましては平成29年7月頃に発行予定の「山口教弘友の会会報37号」をご覧ください。