教育振興事業

公益財団法人日本教育公務員弘済会

奨学事業

優秀な人材を育成するために、奨学金の貸与・給付を行っています。

貸与

募集対象 大学・短大・高専(第4学年以上)・専修(専門課程)・大学院
募集時期 2月中旬~3月末日(必着)
※平成30年度の募集は終了しました。
募集方法 教弘通信・参事
貸与限度額 大学(100万円)
短大・高専(第4学年以上)・専修(専門課程)・大学院(50万円)
備考 無利息で貸与、卒業後年賦返済

給付

募集対象 高校(特別支援学校高等部を含む)
募集時期 平成30年4月6日(金)~4月24日(火)必着
募集方法 平成30年度奨学生(給付)募集要項(公文発送)
給付額 1人当たり5万円
備考 鹿児島県内の公・私立高等学校(特別支援学校高等部を含む)に在籍する生徒のうち、人物、学業に優れ経済的な理由により学費の援助を必要とする生徒で学校長の推薦を受けた者

教育研究助成事業

次代をになう青少年を育成する教職員、学校及び教育団体等の行う教育に関する特に有益な研究を助成します。

教育研究論文助成

研究主題「学校の実態を踏まえ、明日の教育を考える」という立場から研究主題を設定する。

募集部門 個人部門
学校部門
研究団体部門(5人以上の教職員のグループ)
募集時期 申請書及び教育論文提出締切
9月28日(金)消印有効
募集方法 鹿児島支部事業等の案内、広報誌「かごしま教弘通信」、研究論文募集要項参照
※平成26年度より分量等が変更になりました。
鹿児島支部参事を通して
助成金額 個人・研究団体(2万~最高10万円)
学校(2万円~最高20万円)
入賞外・・・図書カード
備考 申請等については、事務局へお問い合わせください。

研究大会助成

募集対象 本県で開催される九州ブロック以上の教職員の研究大会
募集方法 鹿児島支部事業等の案内、広報誌「かごしま教弘通信」参照
鹿児島支部参事を通して
助成金額 10万円
成果報告 研究大会の終了後すみやかに、成果報告書を提出する。なお、成果報告書の中で記載した助成金使用内訳の領収書(写し可)を添付すること。
備考 申請等については、事務局にお問い合わせください。

実践研究活動激励校助成

募集対象 特色ある実践的活動等を行っている学校
募集方法 鹿児島支部事業等の案内参照
※県連合校長協会を通して推薦
助成金額 1校 10万円
成果報告 研究の終了後すみやかに、成果報告書を提出する。なお、成果報告書の中で記載した助成金使用内訳の領収書(写し可)を添付すること。
備考 詳細については、事務局へお問い合わせください。

研究団体助成

募集対象 教育研究団体、
教科・領域等の研究団体等
募集方法 鹿児島支部事業等の案内、「かごしま教弘通信」参照
鹿児島支部参事を通して
助成金額 10万円~30万円
成果報告 研究の終了後すみやかに、成果報告書を提出する。なお、成果報告書の中で記載した助成金使用内訳の領収書(写し可)を添付すること。

へき地学校教育支援事業助成

募集対象 へき地・小規模ならではの「よさ」を生かした特色ある教育活動を実践している学校(へき地等級3~5級の学校を対象)
募集方法 関係市町村教育委員会を通して推薦
助成金額 1校 10万円
成果報告 研究の終了後すみやかに、成果報告書を提出する。なお、成果報告書の中で記載した助成金使用内訳の領収書(写し可)を添付すること。
備考 平成29年度から平成33年度までの5年間に限定した事業

教育文化事業

教育文化の向上を図り、その発展を目指すことを目的として力を注いでいる事業です。

芸術文化とのふれあい

地域の芸術・文化を振興するために、鹿児島支部選定芸術鑑賞公演への助成

募集方法 パンフレット、「かごしま教弘通信」を参照し往復ハガキにて鹿児島支部事務局へ申し込む
1公演・・・助成は2名まで
助成金額 1名につき原則として2,000円~4,000円

青少年の活動・育成への助成

募集対象 青少年の健全育成を目的に、地域に根ざした活動を推進している学校・団体
募集方法 各教育事務所等を通して推薦
助成金額 1団体 5万円
成果報告 活動の終了後すみやかに、成果報告書を提出する。なお、成果報告書の中で記載した助成金使用内訳の領収書(写し可)を添付すること。

読書活動の啓発・推進

思いやる心、感動する心をはぐくむ教育環境を推進するための図書贈呈

募集対象 読書活動の啓発・推進に取り組んでいる各学校、幼稚園等
募集方法 各市町村教育委員会、幼稚園協会等を通して推薦
助成金額 1校につき 10万円~20万円
1園につき 5万円
成果報告 図書の購入後すみやかに、成果報告書を提出する。なお、図書購入時の領収書(写し可)と図書一覧(見積書等の写し可)を添付すること。