特色ある研究を継続的に行い教育・文化の向上発展及び地域に貢献している教育研究に対して助成しています。


※『平成30年度日教弘本部奨励金』が下記のとおり決定しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

所属機関名 役職 申請者 テーマ 助成金額
奈良教育大学教授生田 周二子ども・若者支援における専門性向上のための研修の枠組みと研修教材の開発754,000円
東北公益文科大学教授阿部 公一高校の新設「公共」科目における年金教育の単元開発と実践的ディベート教材開発750,000円
亜細亜大学非常勤講師小曽根 淳江戸の幾何とシルクロード文様から数学と文化の関連を考察し、数学教育へ応用する。630,000円
常葉大学教職大学院教授石川 美智子通常学級における特別なニーズ教育の学習指導尺度等の開発ー小学校教師を対象としてー861,000円
横浜美術大学主任教授冨澤 美千子総合的な学習の時間における探究的な学びの構成に関する実践的研究770,000円
就実短期大学講師伊藤 優家庭科の「幼児とのふれあい体験学習」における中学生への危険予知スキル育成プログラムの開発500,000円
石川工業高等専門学校教授山田 健二STEM型教材の開発方法確立と教育プログラムへの実装710,000円
山形大学准教授鈴木 宏昭理科の観察や実験における児童・生徒の安全のための教員養成・研修プログラムの開発813,600円
鳴門教育大学准教授高橋 眞琴通常学校における多感覚を活用 した指導方法に関する実証的研究1,000,000円
大阪大学特任准教授村上 画里知財教育支援のための教材開発375,000円
茨城大学准教授小林 祐紀小学校プログラミング教育に関する教員用研修パッケージの開発920,000円
滋賀大学准教授徳田 陽明理科に苦手意識を持つ教員のための「楽」な実験教材の開発と普及500,000円
熊本高等専門学校准教授山崎 充裕小学校における社会とコンピューターとの繋がりを意識したプログラミング教育の実現に向けた実践的研究830,000円
公立鳥取環境大学准教授川口 有美子学校事務職員の専門性を活かした効果的な「チーム学校」促進モデルの開発に関する研究987,750円
兵庫教育大学助教永山 智之自閉スペクトラム症のある青少年にグループ箱庭を用いた心理教育プログラムの開発と効果検証850,000円
福知山公立大学特任教授三品 勉障害がある児童への囲碁教育導入に関する基礎研究 −福知山市特別支援クラスでの実践効果研究−700,000円
大阪教育大学特任准教授古川 敦子外国人児童生徒の学校生活を支える母語支援員の役割と意義に関する研究997,470円
静岡大学教授松永 泰弘子どもの意味世界に刺激を与え想像・感情・知識が絡み合い発達を促す理数探究ものづくり教材開発と実践検証900,000円
都留文科大学教授早野 慎吾外国人児童生徒の学力向上のための教材開発に関する研究500,000円
金沢大学准教授伊藤 伸也科学技術リテラシー育成のための数学科におけるSTEM領域の授業開発の基盤的研究740,000円
NPO法人スマイルクラブ理事長大浜 あつ子NPOによる小学校体育授業サポートにおける10年間の教育評価について800,000円
合計15,888,820円

ページの先頭へ

平成29年度 日教弘本部奨励金 贈呈式の様子 平成29年3月16日 第一ホテル両国にて

  • 日本大学教授佐藤選考委員長の講評日本大学教授佐藤選考委員長の講評
  • 贈呈式の様子贈呈式の様子
  • 受賞者の皆様受賞者の皆様

※画像をクリックすると拡大します。

ページの先頭へ



(C) 公益財団法人 日本教育公務員弘済会 All Rights Reserved.