教育振興事業

公益財団法人日本教育公務員弘済会

奨学事業

奈良支部では、奨学事業として下記の事業を実施しています。

①貸与奨学金

②高校生等給付奨学金

貸与奨学金

大学等に入学・進学する奈良県在住者に対し、修学期間1年につき25万円(最高100万円)を無利息で貸与します。

詳細は、奈良教弘のホームページでご確認ください。下記URLをクリックすると別画面が開きます。

奈良教弘のホームページへ

募集人数 15名(変更がありうる)
貸与金額 修業期間1年につき25万円(ただし限度額100万円)
奨学生の資格 ①2019年4月に国公私立大学に入学及び進級する者。〔大学院、短期大学、高等専門学校(2019年4月に第4学年に編入する者)、及び専修学校専門課程を含む。)
②2019年4月1日時点で30歳未満の者
③奈良県在住者であって、過去に当会の奨学金限度額を受けていない者。
④当会他支部から貸与奨学金を受けていない者。
決定と送金 選考委員会にて審査し内定します。
送金は5月末を予定しています。
返還 正規の卒業年の12月から5年または7年の年賦返還です。
利息 無利息です。ただし、返還を延滞した場合は延滞金を加算徴収します。
申請 奈良支部へお電話ください。申請書等を郵送いたします。

高校生等給付奨学金

奈良県内の高校生・高等部生のうち、家庭事情や経済的理由等で生活が困難な生徒に対して、修学を支援するために1人5万円を給付します。

教育研究助成事業

奈良支部では、教育研究助成事業として下記の事業を実施しています。

①教育研究団体助成

②学校教育研究活動助成

③教育研究大会助成

④教育研究実践論文・教育実践レポート

教育研究団体助成

奈良県内の教育研究団体(教科等研究会は除く)に運営費用等の一部を助成します。

助成対象 奈良県内の公立学校園の代表等で組織された教育研究団体であって、奈良県教育の振興に資することを目的としていること。(ただし、教科等研究会は除く。)
助成額 申請団体の活動等を審査し、予算の範囲内で決定し助成します。
助成方法 原則として当該団体の総会において助成させていただきます。
報告 助成を受けた年度の会計報告が記載された総会資料等を奈良支部へ提出してください。

学校教育研究活動助成

奈良県内の学校園の教育研究および教育にかかる諸活動を活発にし、幼児・児童・生徒の園・学校生活の充実に資するため助成します。

申請書のダウンロードページへ

助成対象(申請資格) 奈良県内にある(1)~(4)の学校園。
※今年度より、高等学校の定時制、通信制は、同校の全日制とは分けてそれぞれ申請できます。該当する学校で昨年度以前に助成を受けている場合は、全日制(※)に助成したとします。中学校における夜間および二部も同様です。(※全日制のない高等学校は個別に対応します。)
(1)幼稚園・認定こども園 ⇒ 国立、市町村立、奈良支部の認定を受けた私立
(2)小学校・中学校・中等教育学校 ⇒ 国立、県立、市町村立、組合立、奈良支部の認定を受けた私立
(3)高等学校 ⇒ 国立、県立、市村立、奈良支部の認定を受けた私立
(4)特別支援学校 ⇒ 県立
助成額 奈良支部が委嘱する選考委員会で審査後、幹事会の議を経て支部長が決定いたします。
選考にあたっては、生徒数・計画性・継続性・必要性等に重点を置き選考いたします。
※申請書の費用概算全額が助成される訳ではありません。
申請期間 2019年4月1日(月)~同年5月10日(金)【必着】
贈呈方法 学校担当者と共に当該学校園を訪問し助成金を贈呈します。
報告 助成を受けた学校園は、2020年2月28日(金)までに報告書等を提出してください。
その他 ①3年に一度の助成とします。(2017年度・2018年度に助成を受けた学校園は申請できません)
②園児・児童・生徒の実活動にかかる図書費、印刷製本費、謝金、消耗品費にご活用ください。職員の「旅費」・「備品費」には充当できません。
③消耗品費の物品や金額は、市町村によって異なります。該当する市町村の決まりに従ってください。
④助成金の贈呈は、奈良支部事業をご理解いただくために職員会議や研修会の前後など、全教職員が集う場でさせていただきます。所要時間は15分程度です。(朝の会、中休み、昼休み等は避けてください)
⑤研究紀要や冊子等に「後援(または協賛・協力)公益財団法人 日本教育公務員弘済会奈良支部」と必ず明記してください。
⑥助成金の贈呈は、贈呈日時の希望受付順に6月上旬より10月末にかけて行います。
⑦奈良支部広報のために贈呈式の様子等の写真を撮らせていただく場合があります。

教育研究大会助成

奈良県内で開催される近畿規模以上の教職員研究団体(PTAを含む)による研究大会開催に際し、研究大会運営費用等の一部を助成します。

申請書のダウンロードページへ

助成対象 学校教育研究団体(PTAを含む)が主催し、奈良県内で開催される教育研究大会のうち、近畿地区規模以上の地方大会及び全国大会とします。
助成額 奈良支部が委嘱する選考委員会で審議後、幹事会の議を経て支部長が決定いたします。選考にあたっては、大会規模・計画性等に重点を置き選考いたします。
助成条件 ①奈良県教育委員会または当該市町村教育委員会の共催・後援を受けていること。
②大会要項・要録(報告書)等に「後援(または協賛・協力)公益財団法人 日本教育公務員弘済会奈良支部」と明記すること。
申請期間 随時。ただし、大会開催の3ヵ月前までに申請すること。
助成方法 申請書に記載された口座に原則として大会開催の1ヶ月前までに振り込みます。
報告 大会終了後、1ヶ月以内に成果報告書(使途明細・領収証原本)および大会要録(報告書)等を奈良支部へ提出してください。成果報告書様式は決定通知に同封いたします。

教育研究実践論文・教育実践レポート

教育研究実践論文・教育実践レポートを募集します。「学校部門」「個人部門(研究グループ含む)」「レポート部門」の3部門で募集します。レポート部門は、教諭または講師として採用されてから5年以内の教職員が対象です。

応募票・原稿雛形のダウンロードページへ

論文・レポートの研究主題 「学校の実態を踏まえ、明日の教育を考える」とう立場から、応募者が具体的な研究主題を決めて論文をまとめてください。
応募資格と部門 募集対象論文は①学校部門、②個人部門(研究グループを含む)、③レポート部門の3部門とします。
①学校部門
国・公・私立の幼(認定こども園含む)・小・中・高・特別支援・高専等の各学校園
②個人部門(研究グループ含む)
①の学校園に勤務する教育関係者個人及びそれらの人々で組織する研究グループ等[教育関係者とは奈良県に設置された国・公・私立の学校に勤務する教職員]
③レポート部門
②のうち、教諭または講師として採用されてから5年以内の個人
※学校部門は校長が応募者となります。
助成の対象にならないもの ①公的機関、研究会、市販の図書・教育誌等に既に発表した内容のもの。
②他団体に応募(推薦含む)済みの内容のもの。
③日教弘教育賞応募後、選考中に発表したもの及び他団体に応募(推薦含む)した内容のもの。
※内容が類似したものであれば、論文の様式でないもの(申請書・レポート等)であっても応募済みとみなします。
※過去に類似した内容で発表または他団体に応募済みのものは、下記の条件を満たすもののみ対象とします。
ⅰ 新たな内容に主軸を置いているもの(内容に差異がないもの、前段である研究・活動に紙幅をさいて新たな内容を数行追加しただけのもの等は対象外とします)
ⅱ 過去に応募した書類を提出できるもの(選考委員会で使用します)
※日教弘教育賞応募後、推薦を受けて他団体に応募した場合も対象外となります。すみやかに奈良支部あてにご連絡ください。
④ 昨年度の応募校、応募者。(部門を問わず応募できません)
応募原稿 横書き 24字×43行×2段組×A4判4ページ
この中に、研究主題・執筆者記載欄(24字×6行×2段組)および写真や図表等を含みます。
論文・レポートに掲載した以外の資料は審査の対象となりません。
※「レポート」は、日ごろの教育実践活動の中で工夫している点などをお書きください。
申請期間 2019年4月1日(月)~同年9月4日(水)【必着】
選考と決定 奈良支部が委嘱する論文審査会で選考後、幹事会の議を経て支部長が表彰対象者を決定いたします。採否は文書で各応募者に連絡します。
表彰 (1)賞は、優秀賞と奨励賞の2つとします。※昨年度までの優良賞を優秀賞に、奈良教弘賞を奨励賞に、名称を変更しました。
(2)優秀賞は、学校部門〔盾と賞金5万円〕、個人部門(研究グループ含む)およびレポート部門は〔盾と賞金3万円〕とし、各部門3編以内とします。
(3)奨励賞は、学校部門〔3万円〕、個人(研究グループ含む)およびレポート部門は〔1万円相当〕とします。
(4)学校部門または個人部門(研究グループ含む)の優秀賞の中から特に優れた論文3編以内を日教弘教育賞に推薦します。ただし、過去5年以内(2014年度~2018年度)に推薦を受けた学校園または個人を除きます。
※1.優秀賞および奨励賞の該当数は、選考結果により変わることがあります。
※2.優秀賞の論文については全文を奈良支部ホームページに掲載しますので、ご承諾のうえ応募してください。誤字・脱字等がないよう注意してください。(応募後は修正することができません。)
※3.応募された原稿の版権は奈良支部に所属します。
※4.他の論文等にある図表、写真や長い文章を引用する際には、版権所持者・団体の引用許可を応募者が取ってください。
※5.児童・生徒・保護者等の写真を論文に掲載する場合は、必ず事前に許可を取ってください。
※6.日教弘教育賞に推薦された論文は、日教弘教育賞研究集録およびホームページに掲載されます。

教育文化事業

奈良支部では、教育文化事業として下記の事業を実施しています。

花いっぱいプレゼント

「学校園に花を、子どもたちの心に潤いを!」を合言葉に、チューリップの球根を贈呈します。

申請書のダウンロードページへ

贈呈対象(申請資格) 奈良県内にある(1)~(4)の学校園および(5)の施設等。
※今年度より、高等学校の定時制、通信制は、同校の全日制とは分けてそれぞれ申請できます。該当する学校で昨年度以前に助成を受けている場合は、全日制(※)に助成したとします。中学校における夜間および二部も同様です。(※全日制のない高等学校は個別に対応します。)
(1)幼稚園・認定こども園 ⇒ 国立、市町村立、奈良支部の認定を受けた私立
(2)小学校・中学校・中等教育学校 ⇒ 国立、県立、市町村立、組合立、奈良支部の認定を受けた私立
(3)高等学校 ⇒ 国立、県立、市村立、奈良支部の認定を受けた私立
(4)特別支援学校 ⇒ 県立
(5)以下①~③の施設等
① 奈良県指定の養護施設および障害児施設(ただし、指定医療機関は除く)
② 奈良県内市町村教育委員会の管理下にある適応指導教室
③ 奈良県立高等学校総合寄宿舎
贈呈数と納期 ①チューリップの球根100球
②2019年10月下旬に、契約業者より各学校園および施設に直送します。
※球根の納期は、天候等の影響で遅れる場合があります。
※発送予定日や発送完了の連絡は、奈良支部のホームページでお知らせいたします。
申請期間 2019年4月1日(月)~同年5月10日(金)【必着】
選考と決定 奈良支部が委嘱する選考委員会で審議後、幹事会の議を経て支部長が決定します。選考にあたっては、過去の報告の有無等に重点を置き選考します。
贈呈学校園は、会報夏号(2019年7月発行予定)に掲載することで決定通知とさせていただきます。
報告 2020年4月末日までに、咲いたチューリップの写真を報告様式に添付し奈良支部に提出してください。

奈良教弘文庫

子ども達に読書の楽しさを伝える一助となるように図書購入費を助成します。

※2019年度の実施要項は、会報夏号(2019年7月発行予定)で公開します。募集のスタートは10月頃の予定です。

申請書のダウンロードページへ

助成対象 奈良県内にある①~④の学校園。
①幼稚園:市町村立
②小学校・中学校・中等教育学校:県立・市町村立
③高等学校:県立・市立
④特別支援学校:県立
助成額と校園数 助成額は、1校園につき3万円。助成校園数は、予算の範囲内で決定します。また、図書購入後、奈良支部指定のシールを貼付してください。※シールは、後日お届けいたします。
申請期限 2019年1月17日(木)【必着】
申請方法 申請書を記入し、奈良支部へ郵送するか学校担当者にお渡しください。
※FAXによる申請は受け付けておりません。
選考と決定 奈良支部が委嘱する選考委員会で審査後、幹事会の議を経て支部長が決定いたします。
選考にあたっては、申請理由や活用方法等から決定いたします。
決定通知 申請校園へ、採否に関わらず決定通知を郵送いたします。助成する学校園へは、決定通知に贈呈方法の説明文を同封いたします。
贈呈方法 学校園を訪問し助成金を贈呈いたします。贈呈時期は、2019年2月上旬からを予定しています。購入した図書へ貼付するシールは、贈呈後に学校担当者がお届けいたします。
報告 助成を受けた学校園は、期限〔2019年2月28日(木)〕までに報告様式の送付と送信をしてください。報告様式は、「様式1(報告書及び支出明細)」と「様式2(領収書原本貼付書)」の2種類で、決定通知に同封いたします。
【報告方法】
①様式1および2を送付してください。
②奈良支部ホームページから報告様式(エクセル)をダウンロードしてください。
③ダウンロードした様式1の支出明細書を入力し、奈良支部へメール送信してください。
※エクセルデータの送信アドレス:staff@narakyoko.com
※幼稚園や認定こども園等で、インターネット環境が整っておらずメール送信できない場合は、①の様式1と2を送付ください。②③は不要です。
その他 ①助成金は、全額図書購入費にご使用ください。図書カード等の金券類に充てることはできません。
②購入した図書の管理は、学校園にお任せいたします。