• 個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

公益財団法人日本教育公務員弘済会(以下「当会」といい、支部を含む。)は、個人情報保護を重要な問題として捉え、以下の方針に基づき、正確性と機密性の保持、及び適切な利用に努める。

1 利用目的について

当会は、適正に取得した個人情報を当会の目的事業(奨学、教育研究助成、教育文化、福祉及び共済)の運営のために利用する。

2 個人情報の取得について

当会は、適法かつ公正な手段によって、個人情報を取得する。

  • (1) 奨学事業:貸与奨学金・給付の申請、貸与金・給付金交付、管理(返還金等を含む。)
  • (2) 教育研究助成事業:研究助成金の申請・助成金交付、奨励金の申請・奨励金給付、管理
  • (教育論文等を含む。)
  • (3) 教育文化事業:各種補助金等の申請、補助金等交付、管理
  • (4) 福祉事業:各種補助金等の申請、補助金等交付、管理
  • (5) 共済事業:共済事業加入申込み、継続管理、共済金支払い(教弘保険、教弘グループ保険、教弘付属保険等)
  • (6) その他、前各項の目的を達成するために必要な事業に付随する業務

3 個人情報の利用について

  • (1) 当会は、個人情報を、取得の際に示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて、利用する。
  • (2) 当会が個人情報の取扱いを第三者に委託する場合には、当該第三者につき厳正な調査を行ったうえ、秘密を保持させるために適正な監督を行う。

4 個人情報のグループとしての共同利用について

当会は、当会ホームページ上で公表している提携会社との間で、管理に必要な契約情報をグループとして共同利用する。

5 個人情報の第三者提供について

当会は、法令に定める場合を除き、個人情報を、事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供しない。

6 個人情報の管理について

  • (1) 当会は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理する。
  • (2) 当会は、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどを防止するため、不正アクセス、コンピュータウイルス等に対する適正な情報セキュリティ対策を講ずる。
  • (3) 当会は、個人情報を持ち出し、外部へ送信する等により漏えいさせない。

7 保有個人データの開示・訂正・利用停止・消去等について

当会は、保有個人データについて、本人が開示、訂正、利用停止、消去等を求める権利を有していることを確認し、これらの要求ある場合には、別に定める保有個人データ開示等要領により速やかに対応する。なお、保有個人データの開示については、当会の定めるところにより、所定の手数料が必要となる場合がある。

8 組織・体制

  • (1) 当会は、個人情報管理者を任命し、個人情報の適正な管理を実施する。
  • (2) 当会は、役員及び職員に対し、個人情報の保護及び適正な管理方法についての研修を実施し、日常業務における個人情報の適正な取扱いを徹底する。

9 個人情報管理コンプライアンス・プログラムの対策・実施・維持・改善

当会は、この方針を実行するため、個人情報管理コンプライアンス・プログラム(本方針、個人情報管理規程及び関連する他の規程、規則を含む。)を策定し、これを当会職員その他関係者に周知徹底させて実施し、維持し、継続的に改善する。

10 苦情対応窓口

当会は、個人情報の取扱いに関する苦情等に対応するため、窓口を設け、誠実に対応する。
(当会総務課03-3354-4001)

11 この方針の改廃は、理事会の決議を経て行う。

  • 制定 平成17年3月25日
  • 施行 平成17年4月1日
  • 改正 平成18年11月17日
  • 改正 平成24年4月1日

(目的)

第1条

この要領は、公益財団法人日本教育公務員弘済会(以下「当会」といい、支部を含む。)の個人情報保護方針第7項及び個人情報管理規程第16条に基づき、保有個人データの開示等に関し必要な事項を定め、その適正な執行を図ることを目的とする。

(開示等)

第2条

当会は、保有個人データに関して開示又は利用目的の通知の依頼があった場合には、本人からの依頼であることを確認のうえ、法令の定めに従い、特別な理由がない限り必要な範囲内で、当会の定めにより開示又は利用目的の通知を行う。

(受付)

第3条

開示等の申込は、当会本・支部の保有個人データに関する窓口(総務担当)で行う。苦情及び相談も同様とする。

(手数料)

第4条

開示又は利用目的の通知を請求する場合は、以下の手数料を必要とする。なお、それ以外の請求の場合、手数料は必要ない。

  • 料金:1件当たり1,000円
  • ※支払いは、定額小為替証書による支払いとする。郵便局で発行している額面 1,000円の証書を購入し、必要書類とともに送付すること。

(訂正、利用停止、消去)

第5条

訂正については速やかに、利用停止・消去等については、共済事業加入・継続及び諸事業運営に支障(各種給付が受けられない。)のない限り、必要な範囲内で、当会の定めるところにより応じる。期間は原則3か月以内とする。

(要領の改廃)

第6条

この要領の改廃は、理事会の決議を経て行う。

附 則

  • 平成17年3月25日 制定
  • 平成17年4月1日  施行
  • 平成24年4月1日  改正施行

ページの先頭へ



(C) 公益財団法人 日本教育公務員弘済会 All Rights Reserved.