教育振興事業

公益財団法人日本教育公務員弘済会

奨学事業

貸与奨学金

平成29年度の貸与奨学金の受付は終了しました。

募集対象 大学(大学院を含む)、短大、高等専門学校の第4学年以上、専修学校専門課程
募集時期 4月中
募集方法 機関誌
貸与限度額 修業期間1年につき25万円以内とし、最高100万円です
備考 * 無利子です
  (期限内に返還が無い場合は延滞金が発生します)

* 詳細は福岡支部事務局へ(092-751-0895)に
  お尋ねください。

給付奨学金

日本教育公務員弘済会においては、公益事業の一環として給付奨学事業を行っています。

これは、修学意欲がありながら学資金の支払いが困難と認められる高校生に対して奨学金を

  • 支給するものです。

要項等は県下の高校へ郵送します。

 

募集対象及び奨学金支給額 高 校 生   300名
支 給 額   1名 5万円
応募資格及び応募推薦期間 資 格   在籍校校長の推薦を受けた生徒であること。
期 間   8月16日(水) ~ 9月13日(水)必着
提出書類 ➀ 給付奨学生申請書(所定のもの)
② 学校長推薦書(所定のもの)
   「学資金の支払が特に困難」な状況については
   推薦理由の中に具体的に記入してください。
③ 成績証明書(欠席日数記載のもの)
④ 市町村が発行する所得証明(保護者の28年1月~12月の証明)

 ※ 当該校長の推薦により学校から提出していただきます。
採用決定 校長代表によって構成された審査会において第一次選考を行い
当会の選考委員会を経て支部長が決定します。 
支給予定 校長同席のもと、11月から12月にかけて本人に支給します。
その他 他団体の奨学金を受けている生徒も応募できます。

教育研究助成事業

教育研究助成事業には

  「教育実践論文助成」 「教育研究大会・発表会助成」 「学校教育活動助成」 「教育研究団体助成」 「特別支援教育振興助成」 「学校図書充実助成」  の6種類があります。

申請書等はダウンロードして福岡支部へ郵送してください。

教育実践論文助成

論文は「学校部門」「個人部門」とも2年に1回応募することができますが、「学校部門」は「学校教育活動助成」と重複することはできません。

 

 

募集対象 学校部門 : 福岡県内の学校及び教育機関
個人部門 : 福岡県内に勤務の教職員

 ※ いずれも応募は2年に1度
応募締切 応募締切 9月29日(金)(必着)
応募方法 「弘済会ガイドブック」・広報誌「やすらぎ」でご確認ください。

  論文形式は日教弘本部と同じです。
  日教弘本部トップページをご参照ください。
 
  論文は福岡支部へ郵送してください。
賞金額 〔学校部門〕
最優秀賞-7万円  優秀賞-5万円  奨励賞-2万円
〔個人部門〕
最優秀賞-5万円  優秀賞-2万円  奨励賞-1万円
                         
※ 特に優れている論文1~3編を「日教弘教育賞」に推薦します。その場合は福岡支部表彰と重複しません。
     
     
その他 * 提出された論文の著作権は日教弘福岡支部に属し原稿は返却しません。
* 入選した学校や個人は弘済会HPや機関誌にその概要等を掲載することがあります。

教育研究大会・発表会助成

公益財団法人日本教育公務員弘済会福岡支部は、公益財団法人として奨学事業、教育研究助成事業、教育文化事業などの教育振興を実施し、福岡県の教育の向上に寄与することを目指しています。

そのため、本会は、小・中・高等学校の各教育団体が実施する種々の研究大会・発表会を助成します。

 

助成金額 * 全国大会   20万円
* 九州大会   10万円
* 県・市などの教育委員会指定を受けて発表する教育研究発表会 3万円

※ 助成対象となる研究大会・発表会は、福岡県内教職員で組織する研究団体が教職員を対象に実施する研究大会です。
※ この助成事業は、他の学校教育活動助成との重複助成はできません。
応募方法 申請書に、研究大会・発表会の要項または案内状等を添付し福岡支部へ郵送してください。

申請書はダウンロードメニューから取得してください。

説明会(交付日等)の日程を、学校を訪問している当県調査役と打ち合わせをしてください。
応募締切 申込みは随時受付けますが
最終の締切は 10月20日(金)です。
交付等について 研究大会・発表会助成金については、弘済会事業に関する理解を深めていただくために次のご協力をお願いします。
① 全国・九州・研究発表会の助成金については、大会の予算書や決算書に「公益財団法人日本教育公務員弘済会福岡支部」からの助成金として記載してください。
② 研究大会・発表会の実行委員会や関係校で助成金の交付式を行い、福岡支部事業について説明会の機会を1回設定していただきます。

※ 上記の説明会は職員会議や研修会の前後に校長先生をはじめ全先生方を対象に20分程度行わせていただきます。
報告書の提出について 平成30年2月末までに「決算報告書」に領収書(コピー可)」を添付の上、郵送していただきます。

決算報告書「様式2(教活)」はダウンロードメニューから取得してください。
その他 助成対象は、本会の教育振興事業選考委員会の議を経て決定します。

教育研究団体助成

教育団体助成金は、教育の振興に寄与すると認められる団体の特に有益な研究・活動に対し助成を行う事業です。本年度は下記要領のとおり実施します。

 

募集対象 教育関係団体及び教育研究団体
① 応募者が計画の推進に責任を持ち、助成金の
管理及び報告を行うことを条件とします。
② 本年度1年間で完了する研究・活動等とします。
③ 日教弘本部の教育団体研究助成と重複申請した場合は選考対象外とします。
応募期間 平成29年5月8日(月)~ 6月30日(金)
応募方法 福岡支部へお問い合わせください。
助成の対象にならないもの 営利目的、または営利につながる可能性の大きいもの

公立幼稚園教育活動助成事業

福岡県内において、継続的に特色ある幼稚園活動を行っている公立幼稚園に対して助成金を交付し、もって幼稚園教育の振興を図ることを目的とします。

助成金額 1園 10万円
交付園の決定手順 ①応募申請書提出園の中から、5園を教育振興事業選考委員会の議を経て決定します。
②福岡支部は交付園長と協議(FAXや電話等)し、交付・説明会等の日時を決定します。
応募方法 ①申請者は、当該園長とし、所定の申請書「様式1」(教活)を福岡支部に郵送してください。
②この助成の交付を受けた幼稚園は、その後当分の間はこの助成金の申請ができないものとします。
③この助成の申請年度において、この助成の交付を受けた幼稚園は、他の助成金(本会及び日教弘・東海日動の教育論文の助成等)との重複申請はできないものとします。

申請書「様式1(教活)」はダウンロードメニューから取得してください。
申請締切 平成29年6月30日(金)
交付方法 ①該当園において、福岡支部が交付します。
②交付の際、福岡支部は20分程度の事業説明会を行います。
報告書提出について 交付園は平成30年2月末までに報告書「様式2、3」(教活)を福岡支部に郵送してください。

報告書「様式2、3」(教活)はダウンロードメニューから取得してください。
その他 交付園名や取組内容については、機関紙などに掲載することがあります。

小学校教育活動助成「のびっ子」基金募集要項

福岡県内において、継続的に特色ある教育活動を行っている公立の小学校に対して基金を交付し、もって教育の振興を図ることを目的とします。

 

 

助成金額 1校 10万円
交付校の決定手順 ① 応募申請書提出校の中から、190校を教育振興事業選考委員会議を経て決定します。
② 福岡支部は交付学校長と協議(FAXや電話等)し、交付・説明会等の日時を決定します。
応募方法等 ① 申請者は当該小学校長とし、所定の申請書「様式1」(教活)を福岡支部に郵送してください。
② この基金の交付を受けた小学校は、その後当分の間はこの基金の申請ができないものとします。
③ この基金の申請年度において、この基金の交付を受けた小学校は、他の助成金(本会及び日教弘・東海日動の教育論文の助成等)との重複申請はできないものとします。

申請書はダウンロードメニューから取得し、必要事項記入の上、福岡支部へ郵送してください。
申請締切 平成29年6月30日(金)
交付方法等 ① 当該校において、福岡支部が交付します。
② 交付の際、福岡支部は20分程度の事業説明会を行います。
報告書提出について 交付校は平成30年2月末までに報告書(様式2・様式3)を福岡支部に郵送してください。

報告書(様式2、3)はダウンロードメニューからの取得してください。
その他 ① 交付校名や取組内容については、機関誌などに掲載することがあります。
② 特別支援学校の小学部は、この事業の対象になりません。

中学校教育活動助成事業

福岡県内において、継続的に特色ある教育活動を行っている公立の中学校に対し助成を交付し、もって教育の振興を図ることを目的とします。

助成金額 1校 10万円
交付校の決定手順等 ① 応募申請書提出の学校の中から、120校を教育振興事業選考委員会の議を経て決定します。
② 福岡支部(学校担当調査役)は、交付学校長と協議(FAXや電話)し、交付・説明会等の日時を決定します。
応募方法等 ① 申請者は当該中学校長とし、所定の申請書「様式1」(教活)を福岡支部に郵送してください。
② この助成金の交付を受けた中学校は、その後、当分の間はこの助成金の申請ができないものとします。
③ この助成金の申請年度において、この助成金の交付を受けた中学校は、他の助成金(本会及び日教弘・東海日動の教育論文の助成等)との重複はできないものとします。

申請書はダウンロードメニューから取得し、必要事項記載の上、福岡支部へ郵送してください。
申請書の提出締切 平成29年6月30日(金)
交付方法等 ① 当該学校において、福岡支部が交付します。
② 交付の際、福岡支部は20分程度の事業説明を行います。
報告書提出について 交付校は、平成30年2月末までに報告書(様式2・様式3)を福岡支部に郵送してください。

報告書(様式2・3)はダウンロードメニューからの取得してください。
その他 ① 交付校名や取組内容については、機関誌などに掲載することがあります。
② 特別支援学校の中学部は、この事業の対象になりません。

高等学校教育活動助成事業

福岡県内の公立の高等学校において、意欲的、継続的に実施されている特色ある教育活動を対象に助成金を交付し、もって本県教育の振興を図ることを目的とします。

対 象 福岡県の高等学校及び中等教育学校
(特別支援学校は除きます)
助成金額 1校 20万円
交付の手順等 ① 助成を希望する学校は「申請書」(様式1)を福岡支部へ郵送してください。
② 助成校の選考については、これまでの助成実績等を考慮しながら、福岡支部の教育振興事業選考委員会の議を経て決定します。
③ 福岡支部は、当該学校長と協議し交付等の日時を決定します。

申請書はダウンロードメニューから取得してください。
申請書提出締切 平成29年6月30日(金)
交付の方法等 ① 福岡支部長または調査役が学校に出向き、校長に交付します。
② 交付の際、福岡支部は全職員の前で福岡支部の事業説明(20分程度)を行います。
報告書の提出について ① 助成校は教育活動終了後に「決算報告書」(様式2)及び「成果報告書」(様式3)を、平成30年2月末までに、福岡支部へ郵送してください。
② 「決算報告書」に領収書(コピー可)を添付し、「成果報告書」はA4版1枚程度としてください。

報告書(様式2・3)はダウンロードメニューから取得してください。
その他 ① 助成校名や取組内容については、本会機関誌等に掲載することがあります。
② 助成を受けた学校は、同一年度に本会の教育実践論文に応募することはできません。

特別支援教育振興助成

県内の特別支援学校の教育振興に必要な教材・教具等の整備を助成します。

平成29年度は総額350万円とします。

要項等は学校へ郵送します。

申請締切 6月12日(月)

申請書はダウンロードメニューから取得してください。
申請書には、見積書や仕様書等の資料の添付が必要です。
応募方法等 ①申請書に、見積書・仕様書等を添付の上、期日までに郵送してください。
 ※ 希望の理由・使用目的について、特段の事由等がある場合は、その旨別紙に記載し申請書に添付することができます。

 申請書はダウンロードメニューから取得してください。
選考方法 教育振興事業選考委員会の議を経て決定します。
交付方法 ①福岡支部長または調査役が学校に出向き、校長に交付します。
②交付の際、福岡支部は全職員の前で福岡支部の事業説明(20分程度)を行います。
報告書の提出について ①助成校は、事業終了後、助成金の報告書に領収書(コピー可)を添付し、平成30年2月末までに福岡支部へ郵送してください。

学校図書充実支援事業

福岡県内の希望する公立の小・中・高校・幼稚園に対し図書(図書カード4万円)を贈呈します。

平成29年度は350校に寄贈する予定です。

 

※ 学校教育活動助成と重複助成はできません。

 

応募対象校 福岡県内の公立の幼稚園・小・中学校・高等学校 
贈呈図書について ① 教職員研修図書
② 児童生徒用図書
応募の手続き ① 要項は8月に対象校に送付します。
② 申請書を期日までに郵送してください。
 
申請書「様式1(図書)」はダウンロードメニューから取得してください。
(図書を贈呈された学校は、期日までに購入報告書の提出が必要です)
応募期間 平成29年9月1日(金)~9月29日(金)(必着)

※10月中旬の日教弘福岡支部の教育振興事業選考委員会で選考後、決定通知を教弘事業担当者(LC)が持参します。
贈呈の期日・方法 学校担当調査役並びに教弘事業担当者(LC)が図書カードを贈呈に学校を訪問します。
図書購入報告書の提出締切 平成30年2月末までに、福岡支部へ郵送してください。

決算報告「様式2(図書)」はダウンロードメニューから取得してください。
 
図書名はそれぞれ記載してください(業者発行の納品書等に図書名の記載があれば報告書に添付も可)。領収書(コピー可)については、合計額4万円または4万円を超える額となるようにしてください。(4万円を超える額については学校で負担しください)

教育文化事業

とびうめ教育表彰共済事業

県内の学校の特色ある取組や優秀な教職員を対象に「福岡県とびうめ教育表彰実行委員会」が実施する顕彰事業を共催し副賞を贈呈します。

教育文化振興事業

公益財団法人 日本教育公務員弘済会福岡支部は教育文化事業として「児童絵画展」を実施します。

 

後援 : 福岡県教育委員会

     福岡市教育委員会

     北九州市教育委員会

     飯塚市教育委員会

児童絵画展

県下の小学校2年生を対象に 絵画作品を募集し、4地区ごとに表彰と展示を行います。

 

応募要項等は、毎年4月に小学校へ郵送します。

 

昨年に引き続き作品を応募していただいた学級に、参加賞(ドッヂボール1~2個)を差し上げます。

画  題 わたし(ぼく)と先生
応募用画用紙 四つ切画用紙(380㎜×540㎜)
 ※ 画用紙は応募者各自で負担してください。
   (指定外の画用紙は、審査の対象となりません)
募集対象 小学校2年生
応募用紙提出締切 平成29年5月19日(金) 
※ 学校へ要項と併せて郵送の応募用紙をFAXしてください。
 22日以降順次、作品提出時に必要な書類をお送りします。
作品提出期間 平成29年6月1日(木)~ 6月23日(金) 
 * 福岡地区のみ 6月16日(金)が締切です。

※ 作品が揃いましたら、福岡支部事務局または貴校を訪問している教弘事業担当者(LC)にご連絡ください。お受取りに伺いします。
  審査の都合上、作品提出は締切を厳守してください。
作品の審査 7月上旬
 ※ 福岡地区のみ 6月19日(月)に審査が終了します。
 
 ※ 応募作品を、4地区(北九州・福岡・筑後・筑豊)に分け
   地区ごとに審査します。
入賞及び入選 入賞 : 各地区10点〔最優秀賞1点、優秀賞9点〕

入選 : 各地区100点 ~ 190点
入賞・入選作品展示会場及び日程 ☆ 福岡地区  福岡アジア美術館        
   平成29年7月6日(木)~ 11日(火)
☆ 北九州地区 西日本総合展示場新館      
   平成29年8月1日(火)~ 4日(金)
☆ 筑後地区  久留米石橋文化センター     
   平成29年8月1日(火)~ 6日(日)
☆ 筑豊地区  飯塚市文化会館(コスモスコモン)
   平成29年8月3日(木)~ 6日(日)
入賞・入選者の発表及び表彰 * 各賞の氏名は、当該学校に1学期終了前に連絡します。
* 入賞者(最優秀賞・優秀賞)の皆さんの表彰は、
  各地区の展示会場で行います。
* 賞品(図書カード)
    最優秀賞3000円、優秀賞2000円 
        (表彰式で贈呈)
    入選 500円 は、後日学校へお持ちします。
参 加 賞 * 作品を提出された学級にドッヂボールを贈呈
* 作品を出品された児童全員に参加賞(記念品)を贈呈